INTERVIEW 01

看護師長村田 深雪からのMessage

腫瘍看護で専門性を追究していきます。私たちと一緒に知識と技術を磨きませんか。

Q1.看護師を目指した理由を教えてください。

人の役に立てる仕事に就きたいと思っていました。祖母が助産師をしていた関係で病院の話を聞いていましたが、看護師は人の命に携われる素晴らしい仕事だと感じました。

Q2.最初に勤務したのは、どのような病院でしたか。

病院の付属看護学校に進んだので、最初は付属の病院に就職しました。10年ほど循環器内科病棟で勤務しました。実際に勤めてみると、大変さは想像を超えていました。忙しさはもちろん、常にたくさんのことを考えて行動しなければなりませんし、夜勤などタイトな勤務の中で働くことの大変さを実感しました。

Q3.看護師になって良かったと感じるのは、どんな時ですか。

患者さんから感謝の言葉をいただいたり、看護師の仕事を邁進できていると実感できたりすると本当に良かったと感じます。反対に患者さんが亡くなられた時は、やり切れなさでいっぱいになります。入退院を繰り返していた患者さんが再入院した時、自宅で食べたものをとても嬉しそうに話してくれたことがありました。残念なことにその数週間後に亡くなってしまいましたが、最後に過ごす時間の大切さを考えさせられました。大切な時間を過ごすためのお手伝いに携わる看護師の役割の大きさを感じました。患者さんから多くのことを学ばせていただいています。

Q4.新東京病院に転職した理由を教えてください。

新東京病院は看護師になって3つ目の病院で、ここへ来て10年になります。引越しを機に転職しましたが、最初の病院で循環器内科に長くいたので、その経験を活かせる病院がいいと思い、循環器に強くて症例数も多い当院を選びました。最先端の医療を提供している病院で、経験を活かしながら新しいことも学べるところは魅力です。

Q5.新東京病院看護部の特徴はどのようなところですか。

最先端の治療に関わりたいとか、循環器を極めたいといった目的意識を持ち、向上意欲の高いスタッフが多いと感じます。子育中の人たちもたくさんいますし、さらにキャリアを積みたいという目標を持って転職してくる方も多いのが特徴です。
また、チーム医療を強みとしているので、松戸歯科医師会と連携をして一緒にワーキンググループを立ち上げたり、病院内の多職種でいろいろな活動をしたりしてスタッフの知識や技術を向上させています。
人間関係の良さも誇れるところです。例えば中途採用で入ったとしても、その人が孤立しないようにみんなで意識して迎えています。建物の構造上、オープンスペースが多いので患者さんと看護師との距離感が近く、いろいろな人が関われるという点ではオープンな職場環境です。

Q6.看護師長として心掛けているのは、どのようなことですか。

若手に学ばせるというのではなく、一緒に学んでいく姿勢で教育をするように心掛けています。若い人たちに私の新人の頃の失敗談を話して緊張をほぐすこともあります。初心を常に思い出させる中で、私も思い出させられることがたくさんあります。
スタッフとの関係性を良くするために、なるべく昼食を一緒にとるようにしています。同じテーブルで食事をすると、スタッフとの関係性や距離感が違うと感じたので意識して実践するようになりました。仕事中はじっくり話せないので、食事中のコミュニケーションで信頼関係が築けたらいいと思っています。
新人が自信を持って患者さんと関われるようになったり、私が若い頃にプリセプターとして関わった新人が、今度はプリセプターとして次の新人を育てていたりするのを見ると成長を感じて嬉しくなります。

Q7.看護部ではどのような研修や人材教育をしていますか。

最先端の治療を行っているので、その中で必要な看護や知識を身に付けるために学術講演会や認定看護師が研修会を開いています。認定看護師を中心にいろいろなワーキンググループがあり、例えば口腔ケアなら摂食嚥下の認定看護師と松戸の歯科医師さんを呼んで週3回、病院内をラウンドするなど、OJTの中で専門性の高いスキルを学ぶ環境を整えています。実際の現場で患者さんに合った個別的なケアを学べ、技術も獲得できる点はとてもいいと思います。
当院独自のものとしては、日本看護協会のクリニカルラダー制度をベースに当院の視点を盛り込んだものを活用しています。新人はラダーレベル1、2年目以降はレベル2~5で、師長との目標管理面接の中でどのレベルに該当するかを擦り合わせながら、年間を通してラダーの目標と個人の目標を決めて勤務時間内で研修に参加してもらいます。

Q8.新東京病院看護部は、どのような人材を求めていますか。

病院の理念でもある「患者の痛み(ACHES)は自分の痛み」として感じ取れるような看護師を求めています。多職種でのチーム医療を強みとしている病院なので、看護師としてはもちろん、多職種との協調性も大切にしたいところです。そのために患者さんに思いやりを持って関われる人材を育てたいと思います。看護師としての思いやりや優しさの中には、正しい知識、確実な技術が欠かせないので、そのためのサポートをしたいと考えています。

Q9.このサイトをご覧になっている方にメッセージをお願いします。

看護部長が着任し、今後は腫瘍看護でより専門性の高いことを展開するので、それに関連する知識や技術を高めるためのさまざまな研修も企画していきます。各部署のスタッフが一丸となって新しく入ってきた人たちをサポートしながら教育してくれますので、安心して働けると思います。

2020RECRUITMENTEVENTS

就職説明会
2020年度
  • 4月11日(
  • 5月30日(
  • 6月27日(
  • 7月25日(
  • 8月29日(
  • 9月26日(
  • 10月31日(
  • 11月28日(
  • 12月5日(
採用試験
2020年度
  • 4月25日(
  • 5月16日(
  • 6月13日(
  • 7月11日(

応募書類は試験3日前までに必着
募集要項はこちら

看護学生インターンシップ

2020年春のインターンシップ開催中止について

新東京病院に関心をもってくださってありがとうございます。
コロナウイルス肺炎への対策として、春のインターンシップの開催を中止することになりました。
患者さんの安全を第一に考え、家族を含めた来院者を制限している状況が続いております。
インターンシップを再開する際には、ホームページに掲載させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。