INTERVIEW 10

循環器内科 / 中途入職 6年目(当時)藤井 啓太からのMessage

勉強熱心な人たちが集まっています。学べる環境が整っているのは魅力です。

Q1.どうして看護師になろうと思いましたか。

介護士など、人と接する仕事に就きたいと思っていました。高校2年生の時、虫垂炎で入院して手術をしましたが、男性の看護師さんに優しく接してもらって、自分もこういう仕事に就いてみたいと思ったのがきっかけです。50代くらいの看護師は、僕からすればお父さんのような感じでした。手術後の傷が痛くて、看護師さんにお腹を触られた時に反射的に看護師さんの手を、思いっきり払いのけてしまったことがありました。ひどいことをしたのにも関わらず、その看護師さんは僕に対してとても親切に声を掛けてくれて、優しく接してくれました。その時の対応がすごく印象に残っていて、憧れを感じたというわけです。それからもその看護師さんと接する機会がありましたが、女性の看護師さんが相手だと緊張してしまうのに、その男性看護師さんとはリラックスして話をすることができたのです。その時、男性看護師の必要性を感じ、看護師になろうと思いました。

Q2.新東京病院を選んだ理由を教えてください。

循環器に興味があり、最新の医療を学びたいと思っていました。他にも病院の候補はありましたが、ホームページにあった院長の文章を読み、先生たちがいろんな先端医療をやっていたり、英語で論文を発表していたりしているのを知り、こんなすごい先生たちのそばで自分もキャリアアップできたらいいと思いました。
見学に来た時の第一印象の良さも決め手になりました。皆さんとてもよく挨拶し合っていて、人間関係の良さを感じました。

Q3.看護師になって良かったと感じるのはどんな時ですか。

患者さんやご家族からお礼のお手紙をいただいた時、看護師で良かったとすごく感じます。30代くらいの男性の患者さんがカテーテルが終わった後に、急に不整脈が出て心臓マッサージをしたことがありました。その後の治療がうまくいって、無事に集中治療室から元の病棟に戻れるまでに回復しましたが、その患者さんから「今回のことを機にこれからの生活をきちんと見直して、救ってもらった命を大事にします」という内容の手紙をいただき、大きなやりがいを感じました。いただいた手紙は僕の宝物です。

Q4.看護部の先輩を見ていて、どんなことを感じますか。

病棟の先輩たちが新卒でも既卒でもしっかり指導をしてくれます。独り立ちができるまで勉強会を開いてくれたり、最初は一対一でフォローしてくれたりするので安心感が違います。普段から会話が多くて、楽しく仕事をしていますが、急変の時の迅速な対応と協力し合う態勢はすごいと思います。
循環器の勉強がしたくて全国から集まってきている人が多いせいか、みなさんとても勉強熱心です。急変の対応をしっかりするために、BLSとかACLS対応の資格の勉強会なども開かれています。このような日々の積み重ねが、急変時の対応に活きてくると実感しています。

Q5.新東京病院の自慢は、どんなところにありますか。

循環器に強い病院というだけあって、何をしてもとにかく早いです。コード・ブルーのアナウンスの後、医師や看護師の対応の速さはすごいです。僕も早く一緒になって働きたいと思いました。
それに勉強する環境が整っていることも魅力です。例えば先端医療の一つでもあるTAVIというカテーテルの治療をしていますが、TAVIをした患者さんの治療前と後の状態や、退院に向けてどうなるかといった内容をSHDカンファレンスで勉強しています。これには医師、看護師、栄養士、ソーシャルワーカー、リハビリの方とか多職種の人たちが集まって話し合いをしていて、とても刺激になります。入院から退院するまでに患者さんに関わる全てのスタッフの連携が取れていることを感じます。
糖尿病内科の先生が開いてくれる勉強会からも、教えていただくことがたくさんあります。循環器系の病気で入院される患者さんには糖尿病の方が多くて、合併症を防いでいくためにも糖尿病の知識が必要になってきます。みんなで熱心に勉強するのは、それがいずれ必ず患者さんのためになると信じているからだと思います。
施設が新しいので、設備も充実しています。ベッドサイドには患者さんの主治医やその日の担当者などがご家族にも一目で分かるピクトグラムで表示されています。細かいところにも患者さん第一という病院の理念が生きていることを感じています。

Q6.将来はどんな看護師になりたいと思いますか。

看護師になって6年目になりますが、BLSの資格と糖尿病療養指導士の資格取得を目指しています。この資格が取れたら、患者さんに指導する時にとても役に立つと思います。資格を取って専門的な知識を身に付けたら、今よりもっと患者さんに安心してもらえる分かりやすい説明ができるようになるし、患者さんが今後、病気を再発したり、新しい病気になったりする可能性も抑えられるかもしれません。より患者さんの生活の役に立てて、患者さんを安心させられる看護師になりたいです。

Q7.このサイトをご覧になっている方にメッセージをお願いします。

急性期の病院なので、入職してからの忙しさとか心配なことがあると思います。僕も地方から出てきて最初は不安でしたが、先輩たちに親切に教えてもらったり、病棟にいる男性看護師がとても仲良くしてくれたりして、不安はすぐに払拭されました。新東京病院で勉強することは今後の看護師人生において、必ずスキルアップにはなるはずです。先輩が指導熱心で優しく接してくれるので、あまり不安を感じなくても大丈夫です。

2022RECRUITMENTEVENTS

病院説明会(現地・WEB)
2022年
  • 1月22日(
  • 2月12日(
  • 3月12日(
  • 3月25日(
  • 4月9日(
  • 5月14日(
  • 6月11日(
  • 7月9日(
  • 8月6日(
  • 8月20日(
  • 9月10日(
  • 10月8日(
  • 11月12日(
  • 12月10日(
2023年
  • 1月14日(
  • 2月4日(
  • 3月11日(
  • 3月24日(
採用試験
2022年(新卒・既卒)
  • 2月26日(
  • 3月26日(
  • 4月23日(
  • 5月28日(
  • 6月25日(
  • 7月23日(
  • 8月27日(
  • 9月24日(
  • 10月22日(
  • 11月26日(
  • 12月24日(
2023年(新卒・既卒)
  • 1月28日(
  • 2月25日(
  • 3月25日(
  • 現在、採用試験は個別に日程調整します

※新卒は定員に達すれば採用試験終了

応募は随時受け付けております

応募書類は試験2週間前までにご提出ください
※難しい場合はご相談ください
募集要項はこちら

看護学生インターンシップ
(本年度の受付は終了しました)

インターンシップ開催決定!!

参加対象者

看護学生対象:2023年度、2024年度卒業見込みの方

実施期間

2022年7月25日~2022年8月20日(日曜、祝日を除く)

インターンシップ